• コンベア事例
  • システム事例
  • 新規会員登録
  • ログイン

三機の技術 in 台湾

ライン全体のレイアウト編成から参画することでコンベアの機能はもちろんのこと、一貫した生産コントロール体制を提供しました。


CF(カラーフィルタ)製造工程における三機工業の技術

台湾にあるA社、B社の両工場では液晶パネル用のCF(カラーフィルタ)を生産しています。

 クリーンルーム内に作られるCFラインにおいて、三機は各製造装置をつなぐ「工程間搬送」を手掛けており、ガラス基板を一枚ずつ運ぶ「枚葉(まいよう)コンベア設備」を主に施工しています。搬送するのは第5世代と呼ばれる1,200×1,300mmサイズ、厚さ0.7mmのガラス基板です。枚葉コンベアと各製造装置をつなぎ合わせ、さらに複雑な動きを必要とする枚葉ロボットなどと組み合わせて制御することで、効率的な生産体制を実現しているのです。

 自社製品である枚葉コンベアには、大きくて薄いガラス基板を搬送するためのミリ単位の高精度とスピードのほか、クリーンルーム内での作業ゆえにごみを出さない技術が求められます。ライン全体のレイアウト編成から参画することでコンベアの機能はもちろんのこと、一貫した生産コントロール体制を提供することが三機独自のエンジニアリングです。 また、C社の工場においてはCFの素材となるガラス基板を生産しており、ここでも当社の高度な技術がいたるところで発揮されています。

【参考資料】TFT-LCD用ガラス基板の大型化

専任のスタッフが対応いたします お問合せはこちら 資料請求はこちら

PAGE TOP