• コンベア事例
  • システム事例
  • 新規会員登録
  • ログイン

返本仕分けシステム

大量の書籍・雑誌を宛先別に仕分け管理するシステム

全国各地の書店等から大量に返本されてくる書籍や雑誌を、設定内容(例:出版社ごと、雑誌ごと等)に則って仕分けるために開発されたシステムです。本についているバーコードをリーダで読み取り、各間口にセットされたバケットに仕分る仕組みになっています。

返本仕分けシステム

投入部

本をまとめて投入でき、省力化と効率化を実現。

情報読み取り/仕分け部

バーコード情報を読み取り後、上位システムより指示を受け指定の間口へ仕分ける。

ストック/排出部

仕分け後はバケットにストックされ、満杯になるとバケットごと排出される。

セレクトコンベアユニット

間口それぞれの真上には「セレクトコンベアユニット」を搭載。センサによる制御とタイミングベルトで正確な仕分けを実現しています。

仕様

寸法:全長17,750mm×高さ2,290mm×奥行き1,000mm
速度:最大72m/分
能力:最大7,200冊/時間(運用能力とは異なる)
搬送物サイズ:文庫本~A4サイズ(厚み8~50mm)
投入方式:自動投入2ライン、手投入1ライン
搬送方式:吸引ベルト搬送
仕分方式:搬送ベルトユニットスイング仕分け
間口数:55間口
払出:間口コンベヤによる自動排出
供給:ラバーサによる自動供給

専任のスタッフが対応いたします お問合せはこちら 資料請求はこちら

PAGE TOP