• コンベア事例
  • システム事例
  • 新規会員登録
  • ログイン

スウィングベルトソータ

図書の貸出・返却を自動化する図書館システム

本に貼り付けたICタグを使用し、図書の貸出・返却を自動化(無人化)する最新図書館システムに使用されています。図書館だけでなく、通販業界などでの商品出荷・検品・仕分けや、医薬品業界での出荷・仕分けにも使用可能です。また、本体は各部がユニット化され、柔軟な拡張性を有した構造になっています。

スウィングベルトソータ

スウィング仕分け

貼り付けられたタグから読み取った情報を基に仕分け、指定の位置でスウィングコンベアが回転して返却バスケットへ投入する。

低騒音仕様

騒音レベル55dB以下を実現。一般事務所内でも使用できる低騒音仕様。

仕分け方式:片側/両側仕分
仕分け能力:2,400個/時
シュートピッチ:350mm/600mm
対象搬送物:W105~210mm×L145~420mm×H5~100mm
耐荷重:~3kg
騒音値:55db以下
供給源電:AC200V 三相

図書館での使用イメージ

専任のスタッフが対応いたします お問合せはこちら 資料請求はこちら

PAGE TOP