• コンベア事例
  • システム事例
  • 新規会員登録
  • ログイン

トレーサビリティー

製造時の保存状態を追跡調査するトレーサビリティシステムを採用。

冷凍食品メーカーとして、消費者からのクレームや問い合わせをいかにスムーズに行うかを目的に、追跡調査ができるトレーサビリティシステムを実現しています。

コロりんマイクロ

高速振分け装置ラインチェンジャー

画像読み込みのシステム


システムの概要

包装後のミニハンバーグをX線検査装置にて、数量・形状検査を行い、同時に投影した画像を全数、DVDに保存するシステム。
設備名:冷凍食品トレーサビリティシステム
搬送物:冷凍ミニハンバーグ 処理能力:120個/min

<改善前>
消費者からのクレームが生じた際、製造時の状態がわからず、調査をすることが難しかった。
<改善後>
●クレーム発生時には、不具合を確認する際にシリアルに振られた製造番号をもとにした画像データを呼び出して、製造時の状態を確認し、調査を容易にした。
●検査作業者の負担軽減、管理面の強化が出来るように改善された。

関連製品

インライン情報収集システム

詳細はこちら

LCH

詳細はこちら

専任のスタッフが対応いたします お問合せはこちら 資料請求はこちら

PAGE TOP